ドライヤーの正しい使い方

髪を洗った後に、ドライヤーを使って髪を乾かすことは重要です。髪が濡れたままで寝てしまう人もいるようですが、決して行ってはいけません。

 

正しく髪を乾かせば、頭皮にも髪にも良く、育毛の助けにもなります。シャンプーをしたときには、できるだけ早く髪を乾かすことを心がけてください。

 

髪の水分は、まずタオルを使ってできるだけ拭き取ります。ゴシゴシこするのではなく、髪を両手ではさんでポンポンとたたくようにしてください。

 

こすってしまうと、髪のキューティクルを傷めてしまうことにつながります。特に髪が濡れているときには、キューティクルが開いている状態です。傷みやすくなっているため、ていねいに扱うことが大切なのです。

 

半乾きになった髪には、ドライヤーをあてていきます。ドライヤーで髪を乾かすのは一見傷みそうですが、実は髪に良いのです。ただ誤った方法では髪にダメージが与えられるので、注意してください。

 

髪からは20センチほど離して、ドライヤーをあてていきます。冷風にしてあてると、髪のために良いでしょう。 根元から毛先に向かって乾かすと、早く髪が乾きます。

 

毛先から乾かすと、根元の水分が毛先に流れてなかなか乾きません。ドライヤーをあてている時間が長くなるのは、やはり髪に負担がかかるのです。

 

できるだけ短時間で髪を乾かすためには、根元からドライヤーをあてることでかないます。ドライヤーの中には、髪を傷めにくい仕組みになっていたり、マイナスイオンが効果を発揮するなどの製品もあります。髪に良い効果があるものなら、取り入れてみるのもよいでしょう。